合法のネットカジノは海外のネットカジノ合法国政府発行のライセンスを取得し、その国を拠点として運営しています。
ネットカジノ自体が合法であるため、日本からアクセスしても違法性が問われることは基本的にはありません。
それは日本の法律が適用されない海外であり、サーバーも海外のものを使用しているからです。

ただし場合によっては、合法ネットカジノであっても違法性が問われることもあります。
そこで今回は、海外拠点のネットカジノでも日本で違法性が問われることもあるケースについていくつかご紹介していきたいと思います。

気が付いたら違法行為をしていた!なんてことにならないよう、きちんと頭に入れておきましょう。

ライセンス不所持のネットカジノで遊ぶ

ネットカジノを運営するためには、ライセンスを取得する必要があり、不所持での運営は違法行為となります。
残念ながら、インターネット上には星の数ほどのライセンス不所持のネットカジノが存在し、気が付かない内に登録してしまう可能性があります。

ライセンスの有無は、サイト内にどこの国のライセンスを所持しているのか明記されていますので、必ずチェックしてから登録することが大切です。
ライセンス不所持のネットカジノで遊ぶと、プレイヤーも違法行為となるだけではなく、イカサマ行為により絶対に勝てません。

また入金したお金が反映されなかったり、勝利金を出金させてくれないなどの詐欺行為に巻き込まれてしまう恐れもあります。
絶対にライセンス不所持のネットカジノで遊んではいけません。

運営元が日本にあるネットカジノで遊ぶ

運営元が日本にあるネットカジノで遊ぶ
ネットカジノ運営は日本では認められていなく、違法行為になります。
代表的な事件として「ドリームカジノ事件」が挙げられ、これは大阪四天王寺を運営拠点にしていたことから、摘発対象となりました。

しかしドリームカジノは、海外の政府公認のネットカジノライセンスを所持しており、書類上では合法で運営していたのです。
ネットカジノライセンスを所持していようが、日本国内で運営することは完全違法行為であり、プレイヤーも逮捕の対象となります。
ドリームカジノ事件で、プレイヤーは警察からの警告のみで済みましたが、今後同じような事件が発生した場合には、逮捕される可能性は十分にあります。

問題なのは、ライセンスの所持を明記し、あたかも海外で運営しているのかのように装っているネットカジノです。
ドリームカジノも同じで、プレイヤー側はまさか日本で運営しているとは思ってもいなかったようです。
いい迷惑な話ですが、ネットカジノに登録する際には、ライセンスの所持と拠点を必ず確認することが大切です。

インカジ店で遊ぶ

インカジ店で遊ぶ
繁華街や歓楽街でひっそりと営業しているインカジ店は、ネットカジノを使ってギャンブルができる違法店です。
最近では看板を設置して堂々と営業しているインカジ店もありますが、勘違いしてはいけません、100%違法となります。

インカジ店では、ネットカジノのゲームがインストールされた複数のパソコンが置かれており、入金も出金も全て店内で行われます。
独自のカジノゲームを使っている店と、海外拠点のネットカジノにアクセスしている店の2種類があり、もちろんどちらも違法です。

わざわざアカウント登録をしたり、オンライン上で入出金することなく気軽にネットカジノを遊べますが、インカジ店だけではなく、客も単純賭博罪で逮捕されるリスクがありますので、絶対に足を運んではいけません。

漫画喫茶やインターネットカフェで遊ぶ

漫画喫茶やインターネットカフェで遊ぶ
確実に違法になるとは限りませんが、漫画喫茶やインターネットカフェで自分のアカウントを使ってネットカジノにアクセスするのは危険です。
「自分のアカウントだし、入出金もオンライン決算サービスを使ってるから問題ないでしょ?」と思われるかもしれませんが、遊ぶ場所に問題があります。

万が一漫画喫茶やインターネットカフェでネットカジノにアクセスしてしまうと、店側が賭博の場所を提供していると見なされることがあります。
その結果、店側に迷惑をかけてしまう恐れがあるのです。

最近では「ネットカジノで遊ぶのは禁止します」と注意書きが張り出されている店もあります。
ネットカジノは自分の所有しているパソコンやスマホを使って遊ぶようにしましょう。

まとめ

今回は、海外拠点のネットカジノでも日本で違法性が問われることもあるケースについていくつかご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
もしかしたら気が付かずに、違法行為をしてしまっている可能性があります。
ライセンス不所持のネットカジノはもちろん、ライセンスを所持していても日本に胴元のあるネットカジノで遊んではいけません。

またインカジ店を利用したり、漫画喫茶やインターネットカフェでネットカジノへアクセスするのも止めましょう。
違法行為に対して「知らなかった」では済まされないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です